永興電機工業株式会社

永興電機工業はモータ技術を軸に、設計・開発・製造・販売まで全てを担います。

事業紹介

永興電機工業について

  • HOME
  • 会社案内:沿革

沿革

1940年(昭和15年) 4月 初代社長・大石稔が東京麻布霞町に永興製作所を設立。
主として、戦車用電装品の製造・修理・販売を営む。
1948年(昭和23年) 8月 株式会社永興電機工業所として、法人組織をもってディーゼル車用電装品の
製造・販売を再開。本社を東京都中央区日本橋蛎穀町に置く。
1950年(昭和25年) 4月 澤藤電機株式会社と代理店契約を締結。
1958年(昭和33年) 8月 社業拡大に伴い、本社所在地を港区芝新橋に移転。
これを機に、社名を現在の永興電機工業株式会社に変更。
1959年(昭和34年) 2月 澤藤電機株式会社と代理店契約を更改。関東・東北地区代理店となる。
1961年(昭和36年) 5月 神奈川県座間市相武台3丁目(小田急線・相武台前駅)に
相模工場(現 相模事業所)を新設し、操業を開始。
1967年(昭和42年)12月 本社新社屋を、現在地の東京都港区西麻布3丁目に完成させる。
1969年(昭和44年) 4月 仙台出張所を、宮城県仙台市大和町4丁目に開設。
東北地区における販売営業の拠点に。
1971年(昭和46年) 4月 今田英敏(代表取締役副社長)が社長に就任。
1985年(昭和60年) 6月 今田英敏(代表取締役社長)が会長に就任。 
大石 懬(代表取締役専務)が社長に就任。
1989年(平成元年) 6月 相模事業所 事務棟完成。
1992年(平成 4年) 5月 相模事業所 機械工場棟完成。
1996年(平成 8年) 6月 今田愛子(取締役)が社長に就任。
1999年(平成11年) 6月 大石稔(取締役)が社長に就任。
2007年(平成19年) 5月 相模事業所 モーター工場棟完成。
2010年(平成22年) 5月 相模事業所 近隣に配送センターを取得。
2011年(平成23年) 7月 エコアクション21認証取得。
2016年(平成28年) 6月 精密電動マイクログラインダ E-FORCE を発表。